ふるえる技術

「震え」を探求するサイト。旧タイトル「割って飲む。」

触覚が瞑想に役立つ理由

 

それは消去法だ、と私は思っている。

 

そもそも瞑想状態とは何か。

 

そもそも瞑想状態とは何か。

ざっくり言うと、妄想していない状態が瞑想状態だ。と私は思っている。

現に、

シンキング・マインドが手放されること

と、山下良道さんは仰っている。

また、「おっぱいがおっぱいではなく、ただの肉の塊に見えること」

と、ニー仏さんは仰っている。

「おっぱい」というのは、実際には目に入ってきている色の組み合わせにすぎないのに、私たちはそうしたセンス・データを観念の中で「おっぱい」という構成物へと形成しあげて、それに執着して右往左往することで「苦」の状態に陥ってしまう。

もしかしたら、お二方とも私の言っている意味では言っていないのかもしれない。

ただ、私はここで「ほら、有名人も同じこと言ってるじゃん!」てことがしたいだけだ。

大目に見て欲しい。

 

視覚や聴覚は妄想しやすい。

 

視覚や聴覚は妄想しやすい。

例えば、さっき会った人。

彼の顔を思い浮かべて、勝手に表情に意味づけを始めてみる。

「あのときの彼の表情、あれはどういう意味だったのだろう。もしかしたら怒っていたのか。なんで?私が何か言ったからか。てか、あのとき私、なんて言ったっけ?」

そして、「あの人は怒っていたに違いない」「あの人を怒らせたのは、私のあの言葉が原因だ」と、妄想のはずがいつの間にか事実であるかのようになる場合もある。

 

触覚は妄想しにくい。

 

触覚は妄想しにくい。

というか、そもそも日常生活においてあまり意識されていない。

言い方を変えてみる。

触覚は、普段なかなか意識されないくらいに自然な感覚なのでは。

呼吸が大事という人が増えた。

ヨガなどの影響だろう。

呼吸も今でこそメジャーだが、それまではあまり注目されていなかった。

触覚も似たような存在だ、と私は思っている。

 

まとめ

 

人は五感で成り立っているらしい。

妄想をやめるには五感全てを遮断すれば良い、簡単だ。

ん、簡単だ?そんなわけあるか。

人は、考えることをコントロールできない。

妄想をコントロールできない。

感覚を遮断できない。

だから、消去法だ。

だから、妄想しにくい触覚に注目するのが良い。となる。

 

マインドフルネスもヴィパッサナー瞑想も、最初はここら辺にコツがあるのはないか。と私は思っている。

まず、触覚で感じることになるべく意識を向ける。

次に、他の四感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚)も触覚的に捉えようとする。

すると、あなたも高村光太郎になれる。

あ、早かった。

すると、あなたの瞑想も瞑想っぽくなる。

あなたのマインドフルネスもマインドフルネスっぽくなる。

ちなみに、さっきの高村光太郎になれるもホント。

 ↓に書いてある。

 

触覚の世界

触覚の世界

 

 

短いからすぐ読める。

0円だからタダで読める。

おススメ。

 

 

スポンサーリンク